0 comments
- trackbacks

焦っています。

前回のレッスンからもう3週間になるというのに、新曲2曲がまだスラスラと通して弾けません。

ブルグミュラー25の「せきれい」は、1か月ぐらい前から細々と練習していたはずなのに…。

Cコードの転回形なんだろうけど、右手と左手同時に135、125の運指が変わっていくところが、片方の手につられて、なかなか覚えられな~い。

右手を見たらいいのか、左手を見たらいいのか、手元を見ないで楽譜を見たらいいのさえも、分からな~い。

そして悩みのもう1曲。
3週間前に、自由曲の「I Like Chopin (ガゼボ)」が、思いがけなくおまけ合格したため、急遽新曲を決めることになりました。
(このレッスン記事は、まだ書いてませんが…。)

思い切って次にチャレンジしようと思っていた「ショパン イ短調遺作」の譜読みが、右手の装飾音で苦戦して全然できてないし、困ったなぁ…と思いながら、先生と次の曲の話し合いをしていました。

自由曲のほとんどは、いつも自分で決めるのですが、今回は先生から驚きの曲を薦められました。

その曲は、2年後くらいにチャレンジしたいと思っていた、私の大好きな「夢」(ドビュッシー)…。
ピアノを始めた頃から、クラシックの中で一番弾きたい曲なのです。

先生がライブでこの曲を弾いた後に、「私、この曲大好きなんです!」なんて口走ってしまったので、先生が気にかけてくれたのでしょう。

先生は「少しずつでも譜読みはできるんじゃないかと思って。」と言ってくれたけれど、まだまだ今の私には無理すぎなので、首と手を横にブンブン振り、「あの曲は、まだまだ無理です!」と、目を真ん丸にした猫のような顔で言ったと思います。

「あ~、びっくりしたなぁ、もう、クラシックの原曲なんて、ブルグ以外に全然弾いてないのに、いきなり中級の曲だなんて…」と驚きながら、何だか嬉しく思いました。

「そう? じゃあ、2年後と言わず、来年にはチャレンジしようか…」なんて心の中でにんまりし、一瞬、妄想の世界に入りかけました。

けれど、すぐに現実に戻り、いつか弾きたいクラシック曲の難易度について、先生と話し合いの最中、「まだ『エリーゼのために』を弾いてなかったんですね!」と先生が気付き、急遽エリーゼに決定しました。

エリーゼの難易度はブルグ25の後だから、「来年ぐらいにチャレンジするかな」なんて思っていたけれど、予想以上に早くお出ましとなりました。

この曲、ピアノ初級者の憧れ曲 NO.1らしいですよね。

私の場合、新曲は1か月以上譜読みしないと次のレッスンに持っていけないのだけれど、今回は時間がないうえに難所が3カ所も…。

通常2週間おきのレッスンを、今回は3週間にしてもらったけれど、ゆっくり弾いても、まだつまづく箇所が多くて…。

中盤の速い所が弾けない「エリーゼのために」&ブルグスト※泣かせの「せきれい」
なんで、どうして、よりによって、このタイミングで、同時にレッスンになっちゃったんだろう…。

今、内職も忙しいのに~
もう、レッスンなのに~
人間ドックで診断された胃の荒れは、このストレスのせいなのか?

時間がないのに、愚痴って逃げてばかりいないで、薬局で買ってきた胃薬飲んで、頑張ります。(゚ー゚;A

※ブルグスト→ブルグミュラーを弾く人(勝手に名付けました)



にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
2 comments
- trackbacks

近頃日差しも強くなってきたし、野球も開幕して賑わってきたし、元北海道日本ハムファイターズの大谷君が、メジャーリーグで活躍しているし、残雪もなくなったし、明るく活発な春は、本当にいい季節ですね~。

雪国の皆さんは、よりそう思うのではないでしょうか。

けれど、そんな季節に浸っている場合ではなく、来週のレッスンまでに完成曲1曲、新曲2曲を練習しなければなりません。
このペースで間に合うのかな…。



さて、忘却の彼方に消えつつある2月のピアノレッスン記録です。

もう、こんなに遅い記録は復習の意味がないから、書かなくてもいいんじゃないかと、いつも思うのですが、やっぱり数年後に振り返り、「こんな時代もあったんだね~」と思いたいので(上達していたら…の話だけど)
自分だけのために残しておきます。

2月は酷い風邪をひいてレッスンを休んだため、1回だけのレッスン内容です。
ピアノレッスン33回目

★優美(ブルグミュラー25) 2回目

何故か前回よりも指が転びまくり、ミス連発。
もっと鍵盤の近くから指を降ろすこと。
鍵盤ではなく、机の上などで指練習すること。


★狩り(ブルグミュラー25) 1回目

なんと、前日にようやく両手を合わせたばかりのボロボロ状態。
右手だけでも、かなりの練習時間をさいてしまった。
弾けるようになるか不安な1曲…だった。

左手の音が弱いので、もっとしっかりした音で。
頭の拍を大事にすること。
6拍子だけど、2拍子でカウントすると弾きやすい。
左手のメロディー音をしっかり出すこと。

先生から色々とアドバイスをいただき、「大事なポイントが盛りだくさんの曲なんだ」と思った。


★I Like Chopin (ガゼボ) 洋楽 3回目

左手、ベース音の支えをしっかり、もっと強めに。
右手メロディーも、もっと強めに。

「家で弱く弾く癖がついているようだ」と、先生に見破られる。
家のピアノの音が響きすぎるので、おもっいっきりフォルテで弾いていないのが敗因かもしれない。

宝くじが当たったら、防音室が欲しいな…。
電子ピアノしかなかった時は、生ピアノが欲しいと思い、生ピアノを持つと、今度は防音室が欲しいと思う…。
人間とは、本当に欲深い生き物だ…。
それとも、欲深いのは私だけ?

きりがない理想ばかりを追い求めるのは止めて、フォルテで大きく音を出す部分は、アップライトピアノのフェルトを降ろし弱音にして、強めに弾いてみようと思った。

~レッスン記録終わり~


書きたい記事内容はたくさんあるのですか、まだ3月のレッスン記事も残っているし、今、かなり忙しいし…。

あぁ、新曲も、なかなか進まな~い!
その1曲は、皆さんご存知のあの、タラ~、タラ~、タラ~、ラララ~で始まるあの曲です。 (サザエさんの曲ではありません…)

その曲については、また今度にします。



にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事
0 comments
- trackbacks

遥か昔(1月下旬)のレッスン記録を、今更ながら記録しておきます。

本当は風邪でダウンする前に、記録しておきたかったんだけどな。
やっぱり、だんだんだらしなくなってきているな…。歳のせいかな。ブツブツ…。


★清い流れ(ブルグミュラー25)  3回目

ミスタッチがありながら、おまけの合格。
一度でいいから、ミスなしで合格できないもんかな…。
前回よりは、音が綺麗になったらしいので、そこだけはOK。


★優美(ブルグミュラー25) 1回目

譜読み状態のボロボロだけど、通して弾いてみた。
第1関節(指先)が弱いため、外側に反っているらしい。
この指だと、細かな音が弾けないとのこと。

ピアノを習う前から、かなり指が弱すぎなんだよね。
全部の指の第1関節は、異常に外側に曲がりやすく、特に薬指は内側に曲がりづらいんだよね…。

↑ ピアノを弾く以上、ただの言い訳にしかならないので、弾いている指の状態を意識して、指の訓練が必要だと思った。

他には指が転んでいるのと、音の大きさにバラつきがあるので、ゆっくり練習すること。
離れた音に飛んだ時は、止まって鍵盤の場所を確認。


★I Like Chopin (ガゼボ) 洋楽 2回目

ミスだらけで通して1回弾いた。

イントロと間奏の8分音符、軽く弾きすぎでしっかり鍵盤を押してないらしい。
もっと強めに練習すること。
強弱はつけずに、同じ音の大きさで弾くこと。

旋律は、高い音になるにつれ大きめの音で弾くこと。
スラーの部分は繋げるように弾くこと。

先生にはたくさん練習してきたことだけは、分かってもらえたけれど、ミスが多くて全然音楽として流れてなかったので、更に練習を続けないとダメだと思った。

レッスン記録終わり。




1年ぐらい前のレッスンの時には指摘されなかったような、細かな指導をいただくようになって、なんだか嬉しくなってきました。

変化する可能性が少しでもあるから、先生から指導をいただけると思っているので、それを受け入れられるぐらい、少しは成長してきているのかな?
だとしたら、とても嬉しいことです。

レッスンの習い始めは、通して弾くだけで精一杯だったもので…。

少しでもアドバイスを生かせるよう、練習時に修正していきたいと思いました。




にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事
6 comments
- trackbacks

ようやく、日常生活が戻ってきました。

酷い風邪が始まってから、もう2週間も経っているのに、まだ完全復調とはいえず…。
まだ、咳も出るし、頭痛もあるし、声もかすれているし。

高熱の風邪→熱が下がり始めたら気管支炎→咳喘息になりました。

病院に行っていたのにもかかわらず、過去の記憶にないくらいの酷い風邪でした。
咳込みが酷く、寝れない食べれないで、苦しかったです。

年齢のせいか、回復が遅くなったのかな?
それとも、かなり悪質のウィルスだったのか?

長い間布団に横たわっていたので、ピアノ本をたくさん読もうと思っていたのに、オリンピックを見てしまい、本は読まず終いでした。(ブルグミュラーの譜読みを少ししたぐらい)

それでも今後のピアノ曲については、色々と考えを巡らせていました。
「今のブルグミュラー25が終わったら、どのような教材で教えていただくか…」なんて。

いやいや、ブルグミュラーは、まだ半分も終わってないし、ブルグを終えるのに、まだ1年半ぐらいかかるけど…。
でも、先の目標を考えるのが好きなんです。


布団の中で、そんなことを色々と悩み中に、オリンピックのフィギュアスケートも見ていました。
フィギュアは好きなので毎回男女とも見るのですが、今までにないことに、今回は演技でかかるクラシック曲も気になりました。

私がピアノを始めるまでは、クラシック曲に全く興味がなく、過去のオリンピックのフィギュア曲(クラシック)は印象に残らなかったのですが、今回はなんだか違いました。

特に「ショパンのノクターン第20番 遺作」を少し前に知り、気になっていたところに、今回のオリンピックで何度も聴いたことで、
「やっぱりこの曲、いいなぁ~」と思いました。(短調好き)

そして、「特にこの部分が大好き!」と、ツボにはまるフレーズを、風邪で声が出ないのに、YouTubeの他人の演奏動画を出し、無理やり出したかすれ声で、夫に説明したりして…。

私は、胸にキューンとくるフレーズがあると、よほど他のフレーズが嫌いでない限り、その曲が好きになるのですよね。

でも、今回はショパンだよ…。
3年前まで、クラシック嫌いだった私が…だよ。

「私はいろいろなジャンルの曲が好きだけど、クラシックだけは一生聴くことはないよ。」と言ってたぐらいなのに。
数年前から考えてみると、今の自分が本当に信じられません。(ピアノを弾いていることさえも、信じられないけれど。)


じわじわと、去年ぐらいから私の心にきていた「ショパンのワルツ イ短調 遺作」は、「クラシックの短調の中では好きかな」、「初中級ぐらいになったら弾きたいな」と思っていたけれど、もっと心にしっくりとくる曲が見つかった感じがします。

そんなことで、初級者なのに、いつかショパンを弾きたいという野望が、この体調が悪い期間にムクムクと芽生えました。

なので、早速、いつものようにアマゾンのカートに、ポチっと…。

そして、我が家にきたのは、この楽譜です。↓



ショパン ピアノ遺作集 (zen-on piano library)


「ノクターン第20番 遺作」も「ワルツイ短調 遺作」も載っています。

「ノクターン第20番 遺作」は版によっていろいろなバージョンがあるのですね。
楽譜の下3分の1ぐらいは、他の版との違いが細かく書かれています。

「ノクターン遺作」の方は、まだまだ数年後になると思うけれど、
「ワルツイ短調 遺作」は、今年中にチャレンジしてみたいなぁ、と思っています。
いや、でも、左手が飛ぶし、装飾音難しいし…


あぁ~、弾きたい曲がありすぎるので、早くブルグミュラーを卒業した~い。
体調を見ながら、また少しずつ、練習時間を増やしていきます。

と、思ったけれど、その前に、今日の大雪の雪かきを何とかしなくては…。
春、まだ遠し…。


にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事
0 comments
- trackbacks

ピアノ関連は少ないのですが、あまりないことなので、記録に残しておこうと思います。

たちの悪い風邪にかかりました。
木曜の朝、起きると突然喉が痛くなっていて、お昼に微熱、夕方には熱が上がってきたので、夜8時まで開いている病院に行くと、40人以上もの診察待ちの人が…。

その後もどんどんやってくる患者さんのほとんどが、インフル検査の人。

「身を起こして座っているのも辛いなぁ…」と体勢を変えながら、2時間半以上も待ち、ようやくインフル検査したのに結果は陰性。
その時の体温、38.7度。

医師から、「今、喉が痛くて、熱が出る風邪の人が多いんですよね。」
とインフルじゃない確率80~90%以上と言われながらも、後で検査してから「インフルだと分かる人もいるからな…」と思い帰宅。

その2日後の土曜日には回復の兆しが見えたので、起き上がりオリンピックの男子フィギュアを見ながら騒いでいたのですが…。

昨日、朝起きると、また体温38.7になっていたので、今度は日曜日に開いている病院へ。
「今度こそ、やっぱりインフルだわ…」と思いまた検査へ。
この時の体温、39度。
看護師さんに、インフル検査の時も「マスクを取らないで!」と嫌われました。

「何十年ぶりだろう?
39℃台の熱なんて、20代にかかったインフル以来じゃない? 凄~い。」なんて、どうでもいいことを、ぼやっと考えながら、検査の結果を待ちました。

ここの病院でも、インフル検査希望の人が続々やってきました。
札幌、やばいよ~。
かなり、感染者多いのか?

朝早く行ったのに、ここでも2時間半待ちで、診察に呼ばれました。
声もほとんど出なくて、ミッキーマウスのような声でしか、医師に病状を伝えられません。

検査結果はここでも、陰性…。

同じ市内にいる兄が「お正月に40℃もの熱が3日以上出て、2度もインフル検査したけど、陰性だった。後で咳が出てきたけど、風邪だったのかどうかさえも分からない。おせちも食べられなかった…。」と電話で話をしていたことを思い出していました。

なんだか、この地域では未知のウィルスが蔓延してるんじゃない?
なんて思いました。

私の場合は、朝一番や夜に、突然病院に運んでもらったり、食料の買い出しに行ってくれたりしてくれた夫に迷惑をかけたな…と思い、しみじみと感謝しました。

それと同時に、「これがひとり暮らしだったら、どうなるんだろう」と、不安がよぎりました。
でも老後になると、いつかどちらかが1人残される訳で…。

夫は私よりかなり、インフルや風邪にかかりやすいし、更に不安…。
(新型インフルが流行ったときも、誰よりも早く10月にかかった)

どうしよう?
真剣に老人ホーム入居の資金を貯めなくては…と風邪ぐらいなのに、いろいろと将来のこともチラホラと考えてしまいます。


でも今は、「この風邪のせいで、楽しみにしていたピアノ仲間での練習会も行けなかったし、今週のレッスンも休んでしまうし、ピアノ練習ができない日もあるし、日中に寝てるの嫌いだし…」ということで、残念な数日を悔やむ気持ちの方が大きいです。

布団に横たわりながら、これからレッスンするブルグミュラーの譜読みをしたり、スマホでYou Tubeの参考演奏を聴いたり、ピアノブログの人の過去記事を見たり、ピアノのことは忘れていませんよ。

今日からようやく熱は37度台に入ってきて、呼吸もしやすくなり、辛さも4分の1くらいになりました。
なので、今日は寝たり起きたりを繰り返しています。
もう数日で良くなるかなぁ。

疲れない程度に、電子ピアノで少しは弾いてみようかな…なんて思っています。



にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事